Photoshop Premierepro tips

Photoshopなど複数製品にセキュリティ更新プログラム

Adobeは12月14日、複数の製品に対してセキュリティ更新プログラムを配信した。

  • Premiere Rush
  • Experience Manager (AEM)
  • Connect
  • Photoshop 2021
  • Photoshop 2022
  • Prelude
  • After Effects
  • Dimension
  • Premiere Pro
  • Media Encoder
  • Lightroom
  • Audition

例として、Photoshop 2021および2022向けに配信されたもの(APSB21-113)では、境界外書き込みやバッファオーバーフローによる任意コード実行の脆弱性や、メモリリークの脆弱性が修正されている。

 Premiere Pro向けに配信されたパッチ(APSB21-117)では、境界外読み込みやUse After Freeによる任意コード実行や権限昇格の脆弱性が修正される。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-Photoshop, Premierepro tips

© 2022 アフィリエイト・サブスク紹介ブログ Powered by AFFINGER5